animalian blog

オリジナルの動物雑貨と動物の雑学・豆知識を紹介するブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「驫」



「驫」

JIS漢字で最も画数が多い字。
音読みは、ヒョウ、ヒュウ、訓読みは、はしる、とどろく。

音読みの「ヒョウ」の意味は「多くの馬」

スポンサーサイト

| 生物漢字 | 11:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「蛞蝓」 動物漢字.25

「蛞蝓」は、何と読む?







ヒント、誰もが一度は、この生物の退治を試みたことあるのではないでしょうか?





答えは 










「ナメクジ」







身体のほとんどは水分でできているので
塩をかけて、浸透圧を利用して退治する方法が有名ですが
他にも、
ビールの飲み残しを小さな容器に入れて
ナメクジを誘引し捕殺する。。
という方法もあります。

が、酒に強い個体には
飲み逃げされることもあるそうです



| 生物漢字 | 21:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「柳葉魚」 動物漢字.24

「柳葉魚」は、何と読む?







ヒント、本物の日本固有種であるこの魚は、なかなか食べられません。





答えは 










「シシャモ」







「柳の葉の魚」と、なった理由には
アイヌの伝説が関係しているという説があり

その伝説とは

病気で苦しむ父を持つ子供がいて、
お腹が減ってなかなか病気が治らない父親のために、
子供が川岸に行き神様に祈りを捧げました。

その瞬間、川岸に生えていた柳の葉が川に落ち、
それが次々と魚の姿に変わったという話があります。

シシャモが「柳の葉の魚」という意味を持つのは、
このような伝説からと言われています





| 生物漢字 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「杜鵑」 動物漢字.23

「杜鵑」は、何と読む?







ヒント、托卵する習性があり、古来から様々な文書に登場してきた鳥です。





答えは 










「ホトトギス」







日本では、古くから親しまれている鳥で
杜鵑、時鳥、子規、不如帰、杜宇、蜀魂、田鵑など、漢字表記や異名が多い

日本に現存する最古の和歌集である『万葉集』では153例、
『古今和歌集』では42例、『新古今和歌集』では46例が詠まれているほどで


「 なかぬなら殺してしまへ時鳥 」(織田信長)

など、天下人の性格を言い表す川柳にも登場しています







| 生物漢字 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「馬陸」 動物漢字.22

「馬陸」は、何と読む?







ヒント、ムカデと間違われやすいです。












答えは 「ヤスデ」





森の土の中に生息し、落葉を食べ土に変えます。
その土(糞)は栄養分に富み、樹を育てています。

また,土の中を動き回ることで,
土の中の空気や水の通りが良くなることから

森の保全に、非常に役に立っている生き物です



見た目は多少グロテスクですが、、
むやみに殺さないようにしたいですね





| 生物漢字 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。